2014年、アメリカ・マサチューセッツ州ボストンの保護施設から保護猫「ソフィー」は新しい家族の元へやってきました。
ソフィーはとっても優雅で可愛い美猫ちゃんです。
ソフィーが来てから数ヶ月経ったある日、散歩をしていると道路の向こう側から1匹の猫がこちらを見ていました。
お隣に住んでいるスコッティがソフィーに一目ぼれしたのです。

スコッティは毎日ソフィーに会いに来るようになりました。
数週間ほどはスコッティも遠くからジッとソフィーのことを見ていました。
なんとなくストーカーっぽいですね。

はじめにうちは遠巻きに見ていたスコッティですが、だんだんと近くに来るようになりソフィーの気を引こうと自分の存在をアピールするようになりました。
そしてやっとスコッティの思いがソフィーに通じたのです。
ソフィーの姿が見えるとすぐにスコッティは駆け寄ってきます。

毎朝、スコッティはソフィーの飼い主さんが玄関のドアを開けてくれるのをじっと待ち、開くとソフィーをデートにお誘いするのです。
スコッティのジェントルマン的な行動がたまらなく可愛いとソフィーの飼い主さんも言っています。

スコッティとソフィーは本当に仲のいい恋人同士でいつも一緒にいます。
そんな深い絆で結ばれたふたりはこれからもずっと一緒に幸せな時間を過ごしていくことでしょう♡