イングランドのリンカンシャー州ボストンにあるペットショップの開店時間は朝の9時。
開店した途端、入口で待ち構えていた1匹の猫の名は「グラハム」。
グラハムは数か月前から毎朝開店と同時にお店に入りゆっくりとウインドショッピングを楽しんでいます。
なんでもグラハムはお店のナンバー1リピーターらしいですよ。

お店の中でのお気に入りスペースは小動物コーナー、お魚コーナー、そしてオモチャ売り場のようです。
ハムスターなどの小動物を一生懸命に見ていますね。
愛くるしく動くハムスターにくぎ付けなのでしょうか。それとも…

今度はお魚コーナー。
エサと勘違いしているのかしら。
副店長のヴィッキー・コーカーさんの話によるとグラハムはとてもジェントルマン、いえジェントルニャンらしいです。
だからお店の生き物たちはグラハムのことを怖がることはありません。

グラハムは1度だけ売り物のキャットフードを食べようとしたことがありましたが、店員さんが「ダメ」と教えたら二度としなくなったようです。賢いですね。
あとはオモチャ売り場でも見本品で遊び、売り物には絶対に手を出さないといいます。
感心ですね。

グラハムがこのお店を訪れるようになってからお客さんの数も増え、売り上げも上がったようですよ。
そんなグラハムにペットショップの本部から「優良顧客大賞」が贈られ首にゴールドプレートが付けられました。

この「グラハム」という名前を付けたお店のスタッフのタルボックスさんはグラハムを家族として迎えてもいいと思っています。
しかし初めから首輪をつけているためもしかしたらグラハムはどこかの飼い猫で、飼い主さんもグラハムを探しているのではないか、またグラハムも飼い主さんを探しているのだとしたら会せてあげたいと思い、様子をみているようです。