2016年7月、ベラルーシのミンスク在住のエリザベスさんはあるウエブサイトで動物保護施設に保護されている里親募集中の1匹の子猫を見つけました。
その子猫の左右が別々の猫のような不思議な顔の珍しい毛色にひと目ぼれしたようです。
エリザベスさんはすぐに動物保護施設へ駆けつけ子猫を引き取りました。
その子猫が「ヤナ」です。

ヤナを引き取ってからエリザベスさんはヤナと一緒に外に出て自然の美しさを楽しむようになりました。
エリザベスさんはヤナとの幸せな時を写真に撮るようにしています。
自然の中でヤナは生き生きとしていますね。

ヤナはとってもお茶目な子猫でこのように舌をしまい忘れてしまうこともあるようです。
ちょっと間抜け面が可愛いですね。

エリザベスさんとのハイキングはヤナにとってとてもうれしく幸せな時間です。
このように森の中で高い木の幹からこちらを見ているヤナはまるでフクロウのようですね。

エリザベスさんにとってもヤナとの過ごす時間を写真は宝物だと言っています。
ヤナの様子を撮った写真をインスタグラムに投稿するとその不思議で愛らしい姿がたちまち話題となりフォロワーの数が2万人を超えました。
エリザベスさんという素敵な里親さんと出会い、こうして幸せな生活を送ることになったヤナ。
これからも二人の幸せいっぱいの写真が増え続けることでしょう。