猫の「チャーチ」は5匹の子猫を出産しましたが、産後すぐに子宮脱のため苦しみ始めたのです。
チャーチは入院することになり世話をすることができません。
生まれたばかりの子猫たちには母親の愛情と世話が必要です。
飼い主さんは地元の保護施設「MSPCAエンジェル」に助けを求めました。

チャーチの飼い主さんは施設へ子猫たちを連れていくことができないためスタッフのアリッサ・クリーガーさんたちが引き取りに行きました。
アリッサさんの話では子猫たちはミルクが飲めなかったため、弱々しくて体重が通常に比べて少なすぎたそうです。

施設には「ベティー」という2歳の保護猫が里親さん探しをしていました。
ベティーは近くのアパートの周辺で近所の住人が1ヶ月くらい世話をしていたのですが、保護されて施設へやってきたのです。
ベティーはどうやら1ヶ月以上前に子猫がいたようで母乳がまだ少し出ています。
アリッサさんがチャーチの子猫たちをベティーに会せるとすぐにベティーは受け入れ子猫たちを優しく包み込むように抱いてくれました。
ベティーはチャーチが回復するまでの2日間、子猫たちの世話をしてくれました。
そしてチャーチが退院しても十分な母乳の量がないために引き続きベティーに子猫を3匹預けたのです。

その後、4匹の子猫はチャーチの家に戻りベティーと1匹の子猫は養育主さんに預けられたそうです。そして子猫が10週齢になったら里親さん探しを始めます。
チャーチ親子の窮地を救ったベティーですが、子育てが終わり次第施設へ戻りまた里親さん探しが始まるといいます。
とっても愛情深いベティーには素敵な家族と出会ってほしいですね。