ある日、ドイツのバーデン・ウルッテンバーグを走る地下鉄のスタットガード行きのエス・バーン電車の中で気持ちよさそうにスヤスヤ寝ている1匹の茶白猫が発見されました。
どこからやってきたのか不明ですが、その猫はカーチヘイムへ向かっている間ちゃっかり2つの座席にまたがるように陣取っています。
発見したパトリック・モレーさんと周りの乗客は驚いたものの猫の幸せそうな寝顔に癒やされたといいます。

「猫の飼い主さんを探してあげなければ…」
パトリックさんは猫の写真を撮りコメントとともにFacebookに投稿しました。
それを見たなんと3万人以上の人がシェアして拡散しながら猫の飼い主さん探しが始まりました。
猫は一旦、動物保護施設へ連れて行かれ保護されました。

その後、パトリックさんのおかげで猫は無事に飼い主さんと再会することができました。
多くの人の善意ある行動が猫を飼い主さんとの再会に導いたのですね。

飼い主さんはパトリックさんたちへの感謝の気持ちから家に戻ったその後の猫の様子を写真に撮って掲載しました。
とっても幸せそうな猫の様子に多くの人が感動したことでしょうね。