ある日、フロリダ州の高速道路でカルメン・バーナードさんが1匹の子猫を保護しました。
カルメンさんは車を止めて子猫に近づくと後ろ足がねじれているのに気づきました。
おそらく車にはねられてケガをしたのかもしれないとカルメンさんは思いましたが、獣医さんの話では子猫の足は生まれつきねじれているとのことでした。
更に子猫が全盲ということもわかりました。
獣医さんから子猫を育てるのはかなり大変といわれましたが、カルメンさんは躊躇することなく子猫を引き取ることを決めました。

カルメンさんは子猫に「プレッツエル」と名付けました。
プレッツエルは人に慣れていなかったため、最初は威嚇してきましたが、カルメンさんの優しさにだんだん心を開いていきました。

プレッツエルはフロリダ大学の獣医さんに手術をしてもらい左足は動くようになったのですが、右足はねじれがひどかったせいもあり機能を回復させることができませんでした。
しかしそんなプレッツエルは可愛い姿をたくさん見せてくれました。

あれから4年経ち子猫だったプレッツエルは大人になりこんなに可愛い美猫になりました。
でも心はまだまだ好奇心旺盛な甘えん坊の子猫のままです。

目と足にハンディを抱えながらもひとりで行動できるプレッツエルはカルメンさんをいつも幸せな気持ちにしてくれるそうです。
カルメンさんの愛情とプレッツエルの生命力の賜物ですね。