ある日、動物保護施設「サンノゼ・アニマル・ケア・センター」へ1匹の子猫がやってきました。
その子猫はいつも「ムッ!」とした怒ったような顔をしていたのですが、それには理由がありました。
獣医のシャロンさんが診察すると子猫はダニによる「疥癬」という皮膚炎を患っていたため脱毛とひどい痒みに耐えていたのです。
じっと動くこともせずに辛い痒みに必死で耐えている子猫を救おうとシャロンさんとスタッフはすぐに出来る限りの治療をしました。

翌月になると子猫はかなり元気になってきました。
ほとんど動くことがなかった子猫でしたが、スタッフと遊べるほどに回復を見せています。
辛かった痒みもほとんど無くなり嬉しそうです。

子猫は施設に保護され、シャロンさんやスタッフのおかげであの怒った顔は微塵もありません。
とても幸せそうな顔をしていますね。

とっても元気で遊び好きになった子猫の里親の募集をしたところ、すぐに里親さんが見つかったようです。
きっとこれから新しい家族の元で元気に幸せに暮らしていくことでしょう。