ある夫婦の家に子猫のときから引き取られた黒猫「エンゾ」は、5年間は幸せに暮らしていました。しかしその夫婦に赤ちゃんが生まれエンゾの生活は一変したのです。
夫婦にとって赤ちゃんは宝物です。エンゾも赤ちゃんのお世話をしているつもりなのですが、つい力が入ってしまい、エンゾの爪や牙が赤ちゃんに良くないと判断した夫婦はエンゾを保護施設へ連れて行きました。
寂しがり屋のエンゾは施設で仲間を作るために愛情表現のつもりで他の猫にべったりくっついたりしたのですが、猫社会の仕組みを知らないことから正しい距離感が分からず施設にいる猫たちから鬱陶しがられ激しく拒否されたのでした。

そんな中、施設で独りぼっちのエンゾの元に施設で生まれた子猫の「パフィン」がやってきました。
パフィンはエンゾのことがとても気に入ったようでいつもそばにいるようになりました。
はじめは距離を保っていたエンゾもいつしかパフィンと仲良くなり2匹は親友になったのです。

しかし、幸せな日々はそう長くは続きませんでした。
パフィンに里親さんが見つかり新しい家族の元へ旅立ってしまいました。
またもや独りぼっちになったエンゾは前にも増して寂しさのあまりスタッフに愛情を求めるようになりました。
スタッフはそんなエンゾに早く里親さんを見つけようとしたのですが、なかなか引き取ってくれる人はいません。
しばらくしてパフィンの里親さんはパフィンの遊び相手が欲しいと思い、再び施設を訪れたのです。
スタッフは夫婦にエンゾを紹介し、エンゾは引き取られてパフィンの待つ家へ向かいました。

久しぶりのエンゾとパフィンの再会です。
エンゾはパフィンの好む距離感を理解していたため喜び勇んで飛びつくようなことはしません。
2匹の独特な距離感があるのです。

再会した2匹は片時も離れません。
寂しがり屋で不器用なエンゾを理解してくれるのはパフィンだけでした。
一度は離れ離れになった2匹がこれからは一緒にずっと幸せな生活を送っていくことでしょう。