子猫「ロメオ」は生まれてからシェルターで兄弟猫とともに暮らしていたのですが、顔に先天性の奇形のため他の猫とは顔つきが違ったのです。
兄弟は次々と里親さんが決まったのですが、ロメオの変わった顔つきが醜いという理由で里親さんはなかなか決まりませんでした。
そんなある日、ロメオの話を知ったスペインの動物保護団体「サントゥアリオ・コンパッション・アニマル」のスタッフによってロメオが保護されたのです。

保護団体のスタッフは「ロメオの見た目は他の猫とは違った顔をしているものの健康的で他の猫と同じように遊び好きで可愛らしい猫だ。」と言っています。
むしろスタッフにとってはロメオの容姿は魅力的なものだと感じているようです。

新しいお家である保護団体へやってきたロメオはすぐに新しい環境に慣れ、優しいスタッフから愛情を注がれてとても幸せそうです
もう独りぼっちじゃありません。
ロメオは自分の人生をとても楽しんでいます。

ロメオは成長とともに被毛も立派になってきました。
そして心の広いロメオは他の動物たちにも愛情を注ぐようになったのです。
ある日ロメオは病気のニワトリのそばに寄り添い看病していました。

ロメオが来てから1年が経ちました。
成長したロメオはいつもスタッフや他の動物のことを気にかけているようです。
まるで保護団体のオーナーのようですね。
過去に醜いという理由で誰からも必要とされなかったロメオですが、心優しくて立派な美しい猫に成長しました。
これからもたくさんの愛情を周りの人や動物たちに注いでいくことでしょう。