野良猫はキャデラックのシェルターに保護され、ジャックと名前が付けられました。
お腹を空かせることのない暮らしを気に入り、シェルターに来たその日からすぐに馴染んでいったそうです。

とても人懐っこいジャックはシェルターのボランティアスタッフの人たちに声をかけてもらうと、いつも頭を擦りつけてきたそうです。
スタッフの人たちはみんな、ジャックに一番必要なのは彼だけを愛してくれる家族だと感じていまいた。
なかなか出会いのないジャックに、彼らは一日も早く新しい家族が見つかることを願っていたそうです。

カリがジャックを見つけたのはWexford County Shelter SharesのFacebookを見ているときでした。
彼女はジャックの写真を見るなり『私の猫を見つけたわ。』そう言ったんです。

土曜日にカリと私はシェルターへ向かいました。
勿論ジャックを引き取りに行くためです。

たくさんのケージが並んだ部屋へ通されて、スタッフがジャックを抱かせてくれました。
すると、ジャックは目を輝かせ、カリに抱きついて離れようとしませんでした。
ジャックはカリのシャツを掴むとカリの手や顔、いたるところに彼の頭を擦りつけてきました。
ジャックはカリに一目惚れだったのです。

私たちのアパートに着くと、ジャックは早速隅々まで探検していました。
でもしばらくすると、家の中のあちこちで寝転がっていました。
あまり寝てほしくないところもありましたが、ずっと前からここに住んでいたようなジャックに私たちの家を気に入ってくれたのだと思うとなにも言えませんでした。

ジャックは私たちが家の中のどこにいてもすぐにそばにやって来てそこに寝そべっていました。
まるで私たちのボディガードをされているような気がしました。

ジャックが甘えたいときは頭を擦りつけるのが大好きで、始めて会ったときからずっと私たちの身体のどこかに頭を擦りつけてきました。
私にはジャックが私たちとの暮らしに満足していることを彼なりに伝えようとしている気がしました。

私がお腹を擦ってあげるときのジャックは、いつも至福の表情を浮かべました。

彼は間違いなく、私とカリの王様になっています。

シェルターで初めて顔を合わせたときのカリとジャックを私は鮮明に覚えています。
カリはスタッフの人にFacebookでジャックの写真を見て彼女が探していた猫を見つけたのだと話していました。
そんなカリにジャックは離れようとしませんでした。
カリはジャックに一目惚れをして、ジャックの夢を叶えたのです。