アメリカ・フロリダ州の道路に猫とダックスフンドが捨てられていたためセミノール群動物管理局の職員が保護しようとしたところ、ダックスフンドは猫にぴったりとくっついて吠えて威嚇してきました。
ダックスフンドは推定2歳くらい、猫は生後7ヶ月くらいでした。
猫の四肢はすべて麻痺して歩けない様子です。
どうやらダックスフンドは猫を守っているようです。
2匹は保護されて猫は「ルース」ダックスフンドは「イジー」と名付けられました。

2匹は最近まで飼われていて栄養状態も良かったといいます。
そしてルースの足は先天性のものだそうです。
2匹は一緒に飼われていたとみられ、とっても仲良しでイジーがいつもルースのそばにいるせいか、初めての場所に来ても落ち着いています。

州の保護施設では犬と猫は収容所が違うため本来なら2匹は離されてしまいます。
この2匹の関係を考えると離すことはできないとハリウッドの民間の愛護団体「Project Paws」が引き受けてくれました。
そこで2匹は一緒に引き取ってくれる里親さんが現れるのを待つことになりました。

施設でイジーは常にルースを守っています。
歩くことができないルースを車椅子に乗せてイジーが引っ張ってお散歩していますね。
愛護団体のブルームさんは「今までに仲のいい犬と猫を見てきましたが、ルースとイジーのような友情を見たことがありません。」と話しています。
考えてみればイジーは健康なのですからどこにでも行けるにも関わらず、いつもルースの傍を離れません。
2匹の絆の深さは計り知れないものがありますね。

2匹の元の飼い主は誰かに保護されることを期待して目立つ道路に捨てたのでしょうが、車に引き殺されるかもしれないという2匹の危険は考えなかったのでしょうか。
非常に憤りを感じます。
体の不自由なルースの世話は大変ですが、1日も早く2匹に愛情を注いでくれる素敵な里親さんにめぐり会うことを祈ります。