2017年3月22日、イングランド・サリー州チェシントンに住む眼科の検査技師のデイビッド・ヒックス(41)と妻の給与管理の仕事を持つザーラ(38)に動物保護遺棄の罪状で有罪判決が下されました。
2016年8月28日から9月8日までの2週間、夫妻は2人の子供を連れてフランスへ家族旅行に出掛けました。
当時、この家族はペットとして小型犬のプードル1匹と猫2匹を飼っていました。
ヒックス一家が留守であるにもかかわらず庭をやせ細った犬1匹と猫1匹がウロウロしているのを隣人が見つけ9月3日にRSPCA(英国王立動物虐待防止協会)へ連絡したのです。
駆け付けたスタッフは2匹に水とご飯を置いてその日は帰りましたが、翌日行くと2匹はまた空腹状態でした。

その状況を重く見たため令状を取って6日に警察とともに家の中へ入るとキッチンの調理台の上で1匹の猫が亡くなっているのを発見しました。
法廷となったウィンブルドン治安判事裁判所で検察官のアンドリュー・ワイルズ氏によると「キッチンには10個の小鍋が並べられ、少量の水と食べ物が残されていた。調理台で死んでいた猫は骨が突出していたほどかなり衰弱しており体重は2.13kgしかなかった。」と証言しています。

しかもこの亡くなった猫には大腸に腫瘍があったと死後の検査で見つかっています。
体内にはわずかの食べ物しか残っておらず、ほとんど食べ物を口にしていなかったことが推測されます。
また生きていた犬と猫をRSPCAのスタッフが獣医さんに診察してもらうと健康状態に問題はないもののノミに感染していることからも日頃の世話が行き届いていなかったことが分かりました。
ヒックス夫妻は「動物福祉法違反」で提訴された際、罪を逃れようと旅行中は夫の母親にペットたちの世話を頼んだとウソの供述をしたものの結局罪を認めたため3月22日に執行猶予つきの有罪判決が下されたのです。

判決を受けたデイビッドは深く反省をしている旨を法廷で話したようですが、今回のような罪を二度と起こさないように肝に銘じてほしいです。
生き延びた2匹は健康状態も回復して新しい家族に引取られ幸せに暮らしているようです。