ある日、野良猫の親子が保護施設「Progressive Animal Welfare Society」へやってきました。
母猫を「スプリンクルス」3匹の子猫にはそれぞれ「ココ」「フリッター」「メイプル」と名付けられて養育ボランティアのアシュリーさんに預けられたのです。
子猫たちは生後4日だったそうです。

スプリンクルスは人間のことを全く信用しておらず、アシュリーさんにも子猫を必死で守るために威嚇してきたのです。
さらに食べることも拒否するスプリンクルスが何とか心を開いてくれないかとアシュリーさんが工夫をしていると少しずつ人間に対する安心感を感じ取ったのかスプリンクルスはアシュリーさんの手の匂いを嗅いで顔をこすりつけて受入れたといいます。

アシュリーさんは心を開いてくれたスプリンクルスの子育てのお手伝いをするようになりました。
3匹の子猫のうち一番体の小さなメイプルは発育不足のため1週間後に残念ながら亡くなってしまいました。
スプリンクルスはメイプルの最期を看取ったあともしばらくは寄り添っていたのですが、メイプルの死を理解したようです。

残った2匹の子猫たちはその後もすくすくと育っていきました。
スプリンクルスはほとんど休むことなく子育てをしているせいか、アシュリーさんに時々子猫たちを預けてトイレに行ったりご飯を食べたり体を休めたりするようにしています。

そんな中、ついに子猫たちの目が開きました。
可愛いお顔をしていますね。

スプリンクルスは子猫たちの行動を少しずつ広げていきながらしっかりと愛情を注いでいます。
ココとフリッターはとても元気で愛らしいです。亡くなったメイプルの分まで幸せになってほしいとアシュリーさんは話しています。
アシュリーさんのおかげでスプリンクルスは人間に対する警戒心がとれてこれからもアシュリーさんとともに我が子の成長を見守っていくことでしょう。