ある日アメリカ・メリーランド州にある動物保護施設に16歳の「マックス」と11歳の「モジョ」という親友同士の猫が保護されました。
ずっと一緒だった2匹は親友でしたが、里親さんの負担を減らすために別々の里親さんを探すという施設の方針で別々にケージに入れられて新しい家族を待っていました。

そんなある日、1人の女性が猫を迎えようと施設を訪れ、モジョを引き取って行きました。
新しいお家で生活を始めたモジョですが、マックスと離れたことで元気がなくなってしまいました。
モジョがなぜ元気がないのかが分からず、なんとか元気づけたいと考えていた女性は引き取るときに施設のスタッフからマックスのことを聞いていたのを思い出したのです。

次の日、女性は再び施設を訪れマックスを引き取ったのです。
おかげでモジョとマックスは感動の再会を果たしました。

モジョは大親友のマックスと一緒に暮らすことになり女性にも心を開き幸せそうにしています。
猫としては2匹ともシニアの域に入っていますが、心優しい家族と共に幸せな毎日をずっと暮らしていくことでますます元気な日々を送ることでしょう。