アメリカのシアトルにある老人ホーム「ベイビュー・リタイアメント・コミュニティ」に1匹の猫が現れました。
「ピクルス」と言う名のこの猫はとてもやせ細っておりホームの人たちは心配していました。
ピクルスが来るたびに可愛がり美味しいごはんをたっぷりあげました。

ピクルスは飼い猫でしたが、飼い主が不在がちなために栄養不足になり動物病院に何度も入院していたそうです。
そんなときピクルスはたまたま訪れたのが老人ホームでした。
ピクルスは入居者たちの優しさに触れ嬉しくて毎日通うようになったのです。
ホームの入り口のドアがセンサーで開閉することを理解したピクルスはひとりでもホームの中へはいってくるようになりました。

ある日、ピクルスの飼い主が引っ越しすることになり引っ越し先では猫を飼うことができないために老人ホームでピクルスを引き取ってもらえないかと頼んできました。
老人ホームは快く受け入れました。
ピクルスはとても人懐っこい猫でホームでは主に1階で自由に生活しています。

ピクルスは杖をついてお散歩している入居者の後ろをついて歩いたりその杖にすり寄りマッサージしてもらいのがお気に入りです。
気持ちよさそうですね。
そんな入居者の人たちの心の支えでもあるでしょう。

ピクルスは時計の針をサマータイムに合わせるというお仕事を任されています。
器用に針をセットしていますね。
ピクルスは入居者から「ピクルスさん」と呼ばれ人気者です。
偶然立ち寄った老人ホームで人の優しさに触れ、いつしかホームが自分のお家になったピクルス。
自分の居場所をみつけたピクルスはこれからも多くの人たちの心の支えになって幸せに暮らしていってほしいですね。