ある日、オーストラリア・ニューサウスウェールズの道路を彷徨っていた2匹の子猫が心優しい人によって発見されました。
子猫たちは母猫から捨てられたのかまだ生後5週間ほどで可愛らしいのですが、普通の猫と比べると違和感があったのです。
保護した人は後にドーラとフェリックスと名付けられた子猫たちを地元にある「RSPCAのブルーマウンティンシェルター」に連れていき、子猫たちの抱えている深刻な問題について調べてみるとなんと、子猫たちには生まれつきまぶたがなかったのです。

このような珍しい症状は放っておくと1年も経たないうちに子猫たちは視力をうしなってしまいます。
スタッフは子猫たちを救いたいため行動を起こします。
ドーラとフェリックスが6ヶ月になるのを待って動物の眼科病院で治療をうけるように手配しました。
獣医さんは子猫たちの口内の組織を使いまぶたを形成して移植する手術というドーラとフェリックスにぴったりの治療を施してくれたのです。

ドーラとフェリックスはおかげでやっと瞬きが出来るようになりました。
彼らの術後の経過は順調でした。

数ヶ月後にはドーラとフェリックスはすっかり回復しました。
そして2匹は次のステップである里親さん探しをして新しい家族にめぐり会うのを待っています。
あらゆる困難を2匹で乗り越えてきた絆がドーラとフェリックスにはあります。
スタッフはドーラとフェリックスを一緒に引き取ってもらいたいと思い探しています。

発見された当時、母猫に捨てられまぶたがないという障害を抱えてお互いを必死で支えあってきたドーラとフェリックス。
心優しい人々にサポートしてもらいながらここまで生きてきた2匹に1日も早く素敵な家族に出会うことを祈ります。