アメリカ・フロリダ州のロイヤルパームビーチである日1人の男性が1匹の目の見えない野良猫が彷徨っているのを発見し保護しました。
その猫は長い間、病気の治療がされなかったせいか目も見えずにお腹を空かしていました。

保護した男性の家には既にペットがいるので自分では助けることができないためFacebookで猫を引き取って世話をしてくれる人を探したところ保護施設「アニマル・フレンズ・プロジェクト」の創始者であるワインバーグさんが引き受けてくれたのです。
猫は「コットン」と名付けられました。
ワインバーグさんが獣医さんにコットンを診てもらうと疥癬(かいせん)というダニによる感染症にかかっていることがわかりました。
感染症のせいで目が塞がってしまったのですね。
ワインバーグさんは懸命に看病をしました。

病気が治りかけてきたある日コットンが目を開けたのです。
良かったと喜ぶと同時に驚くことがわかったのです。
なんとコットンの目は美しいオッドアイだったのです。
透きとおるような黄色と青色の美しい瞳に周りはビックリしました。
そしてコットンは本来の姿に戻りつつあります。

長い間、感染症に苦しんで辛い思いをしたコットンですが、心優しい男性に拾われワインバーグさんに看病してもらったおかげで今ではこんなにゆったりとくつろいでいます。
現在、コットンの里親を募集しているとのことですので温かな新しい家族とめぐり会い幸せに暮らしてほしいと思います。