3年前のある日、男性は廃屋となった物置で1匹の子猫を発見しました。
その子猫はもう亡くなっているのかもしれないと思えるほど全く動かなかったそうですが、男性が少し触ると少し動いたため近くの動物病院へ運んだのです。
男性の目には子猫はかなり衰弱し、ただ死を待っているだけのように見えたそうです。

病院での診察してもらうと子猫は生後2週間ほどで栄養失調であることが分かりました。
子猫はそのまま病院へ入院して体力回復させるために数時間おきにミルクを与えられました。
3日ほどすると子猫の体力は回復し、数日後には目をしっかりと開けて自力で歩けるくらいに元気になってきました。

無事に退院した子猫は物置から救い出してくれた男性に新しい家族として迎えられました。「キリ」と名付けられたのです。

男性の家には1匹の先住猫がいました。
その先住猫もキリを受け入れ仲良くしてくれます。
キリにとってみれば心強く安心ですね。
すくすくと成長したキリも3年経った今は先住猫と同じくらいの体格になり立派な大人の猫になりました。

本来なら人が行くようなところではない物置で偶然男性に助けられ、家族となったキリ。
この出会いが死を待つだけだったキリを明るい幸せな未来へ続いていたのですね。
心優しい男性と先住猫に支えられ、これからも幸せな毎日を送っていくことでしょう。