何気に道路を歩いている白い犬と黒白猫。
実はこの犬には目が見えないという障害があります。元々は見えていたのですが、視力が低下し盲目になったようです。
この犬は散歩が大好きで毎日楽しんでいます。
そのお散歩のサポートをしているのがこの仲良しの猫なのです。

普通なら犬の目が見えないため危なっかしいのですが、猫が散歩のコースを優しく誘導してくれるために道に迷うことなく家に帰って来れるのです。
何か障害物があればこのように早めに犬が進まないように猫が体で阻止します。
犬も猫に全面的に信頼しているのでしょう。従います。

猫は常に周りを警戒しながら歩いています。
すると猫は前方に赤い車が停車しているのを発見しました。
かなり前から犬の往くてを遮ろうとして体でガードします。

犬は車に真正面からぶつかることは免れましたが、タイヤにぶつかりそうです。
すると犬がタイヤに当たらないようにサっと猫がタイヤと犬の間に滑り込むように誘導しています。
素晴らしいですね。まさにボディガードですね。

何事もなかったようにお散歩は続きます。
この犬にとって相棒の猫はかけがえのない存在ですね。
私たち人間もこの猫を見習いたいものです。
心温まる様子に世界中が感動させられるのも無理ないですね。