ある民家の庭で1匹の子猫が発見され保護されました。
後に里親さんになったジェシーさんによると「ジュニア」と名付けられた子猫は母猫とはぐれたのか、育児放棄されたのかはわかりませんが、ひとりぼっちでした。
野良猫とみられるせいか保護された当時は人に対して警戒心が強く敵意をむき出しにしてたといいます。

保護されているジュニアにジェシーさんが初めて会ったときキーキーと怒ったように威嚇しながら警戒していました。
そんなジュニアをジェシーさんが優しく撫でるとおとなしくなり嬉しそうに喉をゴロゴロ鳴らしたのです。
今までとは180度の変わりようです。
ジュニアは寝ていて目覚めるとジェシーさんの傍へいき、抱っこを求めるほど人懐っこい猫になりました。

その後、動物病院の看護師さんがジェシーさんと協力しながらジュニアの里親をすることになり週末だけ預かってくれました。

しかしジュニアの可愛らしさの虜になった看護師さんの家族はジュニアを週末だけでなく新しい家族として迎えることにしたのです。
ジュニアは新しく「ファーガス」と名前をもらいました。
独りぼっちで不安な気持ちでいたところを保護してもらい、心優しい新しい家族と共に暮らしていけるようになり良かったです。
これからもずっとこの幸せが続きますように。