昨年8月、アメリカ・ニューヨーク州・ブルックリン在住のアイク・オスバンさんは職場の近くで4匹の子猫を発見しました。
子猫たちはお腹を空かしているようでしたが、近くに母猫がいるかもしれないと職場の同僚と協力してごはんをあげながら様子を見ていました。
しかし母猫は戻って来ませんでした。

4匹のうち2匹は同僚が引き取ってくれましたが、残りの2匹は行き場がないため動物病院で働く妹のジェニーさんに連絡すると子猫を動物病院で引き受けてくれることになったのです。
病院で子猫たちを診てもらうと体にノミやダニがついて危険な状態だと分かり治療を受けました。

順調に回復した子猫たちは数日経つと元気になりました。
病院のスタッフたちは子猫たちの愛らしい姿の虜になりました。
本当に可愛らしいですね。

2匹の子猫たちは一緒にジェニーさんに引取られました。
兄弟ですから一緒だと安心でしょうね。

2匹は「ホードー」「デニス」と名付けられ新しい家族の元でたくさんの愛情をもらって暮らしています。
気持ちよさそうに飼い主さんにくっついて寝ていますね。

ホードーとデニスは過去に母猫から兄弟とともに捨てられ、そして2匹の兄弟とも別れるという辛く寂しい思いを経験しましたが、今では心温かな家族に囲まれ幸せになりました。
これからもずっとこの幸せな日々が続いていくことと思います。