生まれてすぐに母猫から見放された子猫「サンサ」。自力で食べることも出来ずガリガリの状態で発見されました。
体が小さすぎるために生きるのは難しいと判断した母猫に捨てられたのでしょう。
猫の世界は厳しいです。

保護されたサンサは動物保護施設でアランさんに引取れらました。
サンサはアランさんの足よりも小さいですね。
でも愛されたいという気持ちは誰よりも大きいものでした。
サンサにとってアランさんは生まれて初めて甘えることのできる親のような存在です。

アランさんはサンサに数時間おきにミルクをあげました。
アランさんにとっても今まで会った中でサンサは一番小さな子でした。

アランさんにとっても愛されサンサはどんどん成長していきます。
大好きなアランさんに抱っこされてサンサはうっとり幸せそうですね。

小さすぎることが理由で母猫から捨てられたサンサですが、成長した今ではこんなに美しく立派な猫になりました。
アランさんの愛情をたくさんもらったおかげでその幸せさが顔に出ていますね。
これからもアランさんの元で幸せな日々を送っていくことでしょう。