017年2月9日アメリカ・カリフォルニア州にある動物保護施設「キャットハウス・オン・ザ・キングス」の敷地内に突然、14個の衣装ケースが置かれていました。
中には16匹の猫が生きたまま入れられ捨てられていたのです。
一体、誰がこんなことをしたのでしょう。非常に腹立たしい出来事です。

施設のスタッフが屋内に運び確認してみると猫たちは16匹ともそれぞれ年齢や性別は異なるものの特に健康上の問題はありませんでした。
猫たちの体を見る限り手入れも行き届き適切なケアがされていたようです。
また、入れられていた衣装ケースにはかなりの空気穴が開けられていて中には冷えないようにと毛布が入れられていることから元飼い主は猫を殺すつもりはなかったのでしょう。

この猫たちは親子ですね。
子猫の幼気さがたまりませんね。でもお母さんと一緒でよかったです。
猫たちの健康を診断したところやはり全員健康状態には異常がないことがわかりました。
施設内に保護された猫たちは慣れない環境のせいか怯えきっているようです。
早く閉ざした心を開いてくれるといいですね。

スタッフたちは16匹の猫たちの世話をしながら里親探しをしていくそうです。
どんな理由で猫たちが捨てられたのかは分かりませんが、少しでも早く素敵な新しい家族と出会い、幸せになってほしいですね。