昨夜まで降り続いた雪で今朝は見渡す限り銀世界です。
たくさんの雪が積もってまだ誰も歩いていないため、真っ白でふわふわしていてとても気持ちよさそうに見えていますね。
その光景を見ていた男性はふとあることを思いつきました。
「リビングでつまらなそうにしていたケフカを…」

男性は愛猫のケフカを外へ連れてくるといきなり雪の中へ放り投げたのです。
「バフッ!」
ケフカはすっぽりと雪の中に埋まっています。
一瞬のことで唖然としているようです。
いきなり目の前が真っ白になったのです。驚きますよね。

ケフカはハッと我に返り方向転換しました。
慌てて家の方へもがきながら来ようとしています。
雪に足をとられてなかなか進まないようですが、ケフカは頑張ってます。

やっと玄関の下までたどり着いたケフカ。男性の方を見ています。
「何すんねん!」
とでも言いたげな顔をしていますね。
飼い主不信になりそう…

男性に呼ばれてもっこり雪をかき分けながら玄関まで来るといそいそとドアの中へ消えていきました。
猫は暖かい土地で生まれた動物です。
雪の冷たさは肉球を震わせ、ハンパでないほど冷たく痛いくらいだったのではないでしょうか。
飼い主さんもケフカとの信頼関係を揺るがしたのでは?(笑)