10年以上前のある日、1人の女性が動物保護施設で子猫と出会いました。
その施設で子猫はその子だけでしかも体が小さく病気にかかっていたのです。
女性は放っておけずに引き取りました。
女性の家族はその子猫に「タイガー」と名付け一生懸命に看病したおかげでタイガーは健康を取り戻しました。
そんなある日、家族は旅行に出掛けるために女性の祖父母の家にタイガーを預けてお世話をお願いしたのです。
祖父は元々あまり動物が好きではなかったため今まででも何度かタイガーに会うことがあってもほとんど知らん顔をしていました。

預けられてからタイガーは祖父と遊んでは膝の上で丸くなって幸せそうにお昼寝したりしました。
毎日そんな生活をしているうちに祖父は完全にタイガーの可愛らしさに心を奪われてしまいました。
祖父とタイガーの絆はとても強くいつもそばにいます。

家族はタイガーが祖父母にとって大切な家族になっていることを感じ、タイガーにとっても祖父母の一緒の方が幸せだと思いました。
このままタイガーを祖父母の家に置いておくことにしたのです。

10年経った今でもタイガーは祖父母との暮らしをとても気に入っています。
今の幸せな日々を思い存分に楽しんでいるのです。
おじいさんとおばあさん、そしてタイガーの幸せがずっと続きますように…