ある日、女性が歩いているとゴミ捨て場から弱々しい子猫の鳴き声が聞こえてきたのでそばへ寄って行ってみると、目も開いていない生後間もない子猫がいたのです。母猫を探すように鳴いています。
女性は子猫を保護し動物病院へ連れて行き診てもらいました。
子猫は生後1週間ほどで2本の足をケガしています。獣医さんに治療してもらい女性は看病しましたが残念なことに左の後ろ足は失ってしまいました。
しかし命は助かったのです。

日に日に元気になっていく子猫は男の子でした。
しかも三毛猫でオス猫というのは非常に珍しく3万匹に1匹の割合で生まれるそうなのです。
獣医さんも「特別な男の子」と言ってくれました。
オスの三毛猫は染色体異常であるため繁殖能力が無いそうです。

女性は子猫に「マーター」と名付けました。
マーターは右の前足もケガしてましたが、無事に完治しました。

マーターを保護した女性は過去に多くの野良猫を保護し里親さんの元へと送り出してきました。
しかし、マーターの愛らしい姿にすっかり虜になり女性はそのまま家族として迎えることにしました。

マーターがゴミ箱の中から保護されて4ヶ月が経ちました。
本当に愛らしい猫に成長してきていますね。
マーターは女性の肩でくつろぐのがとてもお気に入りだそうです。
女性も愛らしいマーターの姿に幸せを感じながらずっと暮らしていってほしいですね♪