ジョーンさんが飼っている猫さんは外で遊ぶのが大好きです。
そのため毎日お出掛けするのですが、出掛けるときも飼い主さんにテラスの扉を開けてもらい、帰ってきたときも開けてもらわないといけません。
出掛けるときはともかく、帰ったときも気が付かないと猫さんはずっと待ちぼうけをくらってしまいます。
飼い主さんは扉の外にチャイムを置くことにしました。
さあ猫さん、今からお出掛けです。
意気揚々と出て行きました。

しばらくして猫さんが帰ってきました。
飼い主さんは家の奥にいます。
猫さんはガラス越しにウロウロしていますね。
すると猫さんおもむろに二本立ちしたかと思いきや…
「ピーンポーン」
チャイムを鳴らしました。

猫さん飼い主さんが来るのを待っていますね。
飼い主さんが気づくまで鳴らしては待ちます。

外から見るとこんな感じ。
猫さんがチャイムを鳴らしている姿です。
覚えたのですね。賢い!

「ただいま~」
「ハイ、お帰り~」
飼い主さんがチャイムに気づき扉を開けてくれたので無事ご帰還です。

元々、猫は賢くて器用な動物ですから覚えるのが得意なんですねww