冷たい雨が降り続いている中、ある夫婦が外から聞こえる子猫の叫び声に気づきました。
夫婦はすぐに家の周りを探してみるとお互い体を寄せ合う3匹の子猫を発見しました。子猫たちは寒さに震え、3匹のうちの1匹は凍えてほとんど息をせず動いていなかったのです。
夫婦は周りに母猫の姿を探しましたが、見当たらないため子猫たちを家に連れて帰りました。

夫婦が子猫を温めるために抱きしめ、背中をマッサージし始めてから20分経った頃子猫は鳴き声をあげました。
ひとまず、死の淵から蘇ったものの子猫は体が乾いた後も震えていたため毛布の下に煖房パッドを敷いて温め続けたところ震えは止まり安心したような顔になりました。

雨の中で大きな声で鳴いていた子猫は3匹の中で一番冒険好きで食欲も旺盛です。
子猫たちはお腹がいっぱいになるととても満足気です。

夫婦は子猫たちに名前をつけました。グレーの猫には「スクイシー」サバトラには「ルー」そして黒猫には「ラザラス」。
ラザラスが保護されたときに凍りついていた子です。
もうすっかり3匹とも元気です。

保護されてから2ヶ月が経った頃、夫婦は子猫たちの里親探しを始めました。
まず、ラザラスが夫婦のいとこの家へと旅立っていきました。
ルーとスクイシーはとても仲が良く引き離すのが可哀想に思った夫婦は2匹を正式に家族として迎えることにしました。

あの冷たい雨の中保護された3匹の子猫たちは新しい家族の元でこれからは寒さに凍えることもなく幸せに暮らしていくことでしょう。