オレゴン州の路上で生後数日とみられる子猫が母猫とともに地元の動物愛護団体「キャット・アダプション・チーム」に保護され養育ボランティアをしているシェルビーさんに預けられました。
子猫は「セレーネ」と名付けられシェルビーさんの家に慣れましたが母猫は環境になれないためのストレスからセレーネに授乳しなくなり育児放棄してしまいました。
シェルビーさんは母猫の代わりにミルクを与えたところセレーネはよほどお腹が空いていたのか勢いよく飲んだといいます。

小さくてまだまだ母親が必要なセレーネでしたが、セレーネを育てるためにシェルビーさんは全力を尽くそうと決心したのです。

そしてセレーネにはもう1つ問題がありました。
普通は生後3,4日すると取れるはずのへその緒が生後2週間経っても取れないのです。
そのため次第に付け根が裂けて真皮が向き出しになった状態になり痛そうです。

このままでは傷口が悪化して大変なことになると考えたシェルビーさんはあることを思いつきました。
セレーネに靴下を切って作ったお手製のセーターを着せてあげたのです。

シェルビーさんに作ってもらったセーターがとても気に入ったようなセレーネです。
セーターを着せてもらい傷口を保護したことで傷口は次第に治っていきました。
きっとシェルビーさんの愛情を感じ安心したことも傷口の回復につながったのでしょう。

その後数週間でセレーネは驚くほど元気になり別に保護された3匹の子猫たちとも仲良く遊んでいます。
母猫は避妊手術を受け里親さんが決まるのを待っているようです。
順調に成長しているセレーネを見てシェルビーさんはいいます。
「彼女ならきっとこの先も困難を乗り越え、更に愛らしく立派な猫へと成長していくことでしょう。」

シェルビーさんに出会い、お手製のセーターのお蔭で感染症にもかからず元気に回復しこれから幸せになってほしいですね。