ギネスではお馴染み!ご長寿・世界一


2015年現在、世界で一番ご長寿な猫ちゃんがこちらのアメリカに住む『コーデュロイ君』です。
なんとその年齢は26歳!捨て猫だったコーデュロイ君を幼かったアシュリーさんが拾ってあげたのが出会いだったそうです。

世界で一番長く生きた猫ちゃんとしては、こちらのクレームパフちゃんでなんと38歳!
人間にすると160歳以上も生きたという事になるそうです。

生存している猫ちゃんとして
ギネスに長寿で認定されているのはコーデュロイ君ですが、両者とも本当に長寿ですごいですね!
我が家の猫も15年生きていますが、愛情を注げばご長寿でいてくれるかしら!?(笑)

世界最大の猫ちゃん


続いて紹介するのはこちらの世界最大の猫ちゃん『ルパート君』です。
メインクーンという種類の猫ちゃんで比較的大きくなりやすいのですが、体重は9キロ。

普通の猫ちゃんの3倍はあるルパート君ですが、こうやって並んでみると…
その大きさを実感しますよね!隣の猫ちゃんは決して子猫ではありませんよ!(笑)
 
ルパート君は9キロという大きさで認められましたが
どうやらまだまだ成長段階のようで、これから記録更新に期待ができそうです♪
こんなに大きい猫ちゃんを一度は触ってみたーい!と、すごく思ってしまいました(笑)

最大の次は最小の猫ちゃんだよ!


最大ときたら、やはり気になるのは真逆の最小ですよね?
そこで続いての猫ちゃんは世界最小の猫ちゃん『フィズガール』ちゃんです。
種類はマンチカンで、足から測って肩までの高さが15センチの小ささです。
人間の踝ぐらいまでしかない!

しかし今、この記録を抜こうとしているのがこちらの『ピクセル』です。
その記録はなんと13.5センチ!
飼い主さんの顔と同じ位のサイズですね。

こちらも種類はマンチカンですが、こんなに小さいのもそのはず!
ギネス保持者のフィズガールちゃんがママなんです。

この足の短さときたらたまりませんね!
この小さな体でモフモフした~い!(笑)
 
世界最小というこの記録を
親子で受け継いでくれたらいいなぁと、個人的に思いました♪

長~い毛の世界一だニャン


次に紹介するのは、長い毛で世界一になった猫ちゃん『ニャア大佐』です。
その毛の長さは、平均で22.87センチ。
3人の獣医さんが10本の毛の平均を測定して、認定になったそうです。

しかしニャア大佐が亡くなったため、その世界一を受け継いだのがこちらの『ソフィー』です。
ソフィーはなんとニャア大佐の記録を抜く26センチ!
しかもとてもキレイな毛並みですね~♪
 
毛が長いと飼い主さんはブラッシングやお部屋掃除で大変でしょうね(;´・ω・)

でも愛する猫ちゃんのためなら、そんな苦労も楽しさに変ってしまうのかもしれませんね♪

騒音レベル!?ゴロゴロ猫ちゃん

 
猫といえば、なんといっても安心した時に出すゴロゴロという音が特徴的ではないでしょうか?

しかしこれから紹介するマーリン君のゴロゴロ音は、ちょっとばかり音量が大きい!

ゴロゴロ音世界一の迫力を、まずは動画でご覧ください♪
 
どうでしょうか?
この音、1メートル離れた場所での音量だそうです!
1メートルでこの大きさなら、近くで聞いたらどうなっちゃうの!?

はい!その音なんと100デシベル!

これは電車が通るガード下レベルなんだとか。

飼い主さんも最初はバイクのマフラー音かと思ったそうですよ(笑)
 
さて皆さん、猫のギネス記録いかがだったでしょうか?

猫ちゃんのギネス記録は他にも様々ありますが
こうやって見ていくと本当に猫ちゃんって楽しいですよね♪

ギネスは頻繁に更新されていきますから
これからも猫ちゃんの世界一に目が離せませんね!