ある日、アメリカのフロリダ州ネイプルズの建設現場に1匹の野良猫が住みつきました。どうやら妊娠しているらしく産むための安全な場所を探していたのでしょう。
しばらくして猫は4匹の子猫を産んだのです。母猫はとても愛情深く子育てをしています。
そんなある日、母猫はエサをとるために出かけようとして安全を考え、子猫たちをトラックの荷台にあるバケツの中へ隠していきました。

母猫が留守中に子猫たちを乗せたトラックが60kmも離れた場所へと移動してしまいました。母猫は予想もしていなかったでしょう。
移動先で作業員たちはバケツの中を見てびっくりしましたが、子猫たちにミルクを飲ませなければならないので近くの保護施設「ネイプルズ・キャット・アライアンス」に引き取ってもらいました。

作業員の1人である左官職人のサウルさんは日ごろ母猫を可愛がっていたためすぐに建設現場へ戻り母猫を探したのです。
その日の夜遅くにサウルさんは無事に母猫を保護できたと保護施設へ連絡を入れました。
施設のドミニクさんは翌日まで待てずにすぐに母猫を引き取るために建設現場へ車を走らせ午後11時に母猫を連れて戻ってきました。

母猫と子猫たちの再会です。
母猫は子猫たちがいなくなりずっと探していたのか我が子の姿を見るとホッとしたような表情で子猫たちに寄り添いミルクを飲ませてあげました。
子猫たちもやはりお母さんのミルクが恋しかったのでしょう、一生懸命飲んでいます。
幸せそうな親子ですね。

予想もしないとんだハプニングで離れ離れになった猫親子ですが、心優しいサウルさんや施設のドミニクさんのお蔭で無事に再会することが出来て良かったですね。
一時はどうなることかと思いましたが、幸せな親子の様子を見ていると心が温かくなります。