ある日、動物保護団体でボランティア活動をしているケイシーさんは野良猫の中に妊娠している猫を発見しました。
ケイシーさんはその猫を保護して自宅へ連れて帰り、猫に「サマー」と名付けました。
サマーは生後8か月くらいで人に慣れていませんでした。
ケイシーさんは辛抱強くサマーが心を開いてくれるように接していると少しするとサマーはケーシーさんの手からごはんを食べるようになりました。

しばらくしてサマーは出産の準備を始めましたが、なかなか子猫が生まれてきません。
サマーの難産にケイシーさんは危険を感じ、サマーを獣医さんのところへ連れて行きました。
獣医さんがサマーを診察したところ帝王切開をすることになりました。ケイシーさんはもしかしたら子猫の命は助からないかもしれないと覚悟していたようです。
手術が終わり無事に3匹の子猫が生まれました。

子猫を出産しサマーはとても幸せのようで子猫たちを見ながらずっと喉を鳴らしていました。
しかし、子猫のうち1匹は他の2匹に比べ体がとても小さく弱々しいためサマーはひときわ小さい我が子のことを気にかけ愛情を注ぎました。
「スプラッシュ」と名付けられた小さな子猫はサマーの母乳だけでは栄養が不足しているためケイシーさんがシリンジで栄養を与えました。その際ケイシーさんがスプラッシュをサマーの元から連れていくのをサマーは少し不満げにしていたそうです。

サマーはスプラッシュを抱きしめ、毛づくろいし十分に母乳を飲んでいるかを確認し愛情をたっぷり注ぎます。そのおかげでスプラッシュは命の危機を脱し、強くなっていきました。
すくすくと育っているスプラッシュ以外の子猫たちは新しい里親さんのところへ旅立っていきました。

いつも一緒にいるサマーとスプラッシュ。
サマーはスプラッシュに食事の仕方を教えています。
スプラッシュもお母さんの食べ方を見て勉強していますね。

毎日、大切にスプラッシュを育てているサマーのおかげでスプラッシュはあっという間に大きくなっています。
サマーとスプラッシュ親子の絆はとても強く、ケイシーさんは親子を一緒に引き取ってくれる里親さんを探しているようです。
サマーの野良猫生活が長かったことで人に懐くのに時間がかかるため辛抱強くサマーに接してくれることも条件としています。

サマーとスプラッシュが1日も早く新しい家族に出会えますように…