ある日、アメリカのカリフォルニア州のフレズノにある動物病院の裏で通りがかった親切な人に野良猫の親子が発見され保護施設へ運ばれました。
猫の親子を見た施設のスタッフは驚きました。母猫と1匹の子猫は美しいオッドアイの瞳でした。
この子が母猫譲りのオッドアイの子猫です。とっても可愛いですね。

こんなに美しい猫たちなのでもしかしたら飼い猫かもしれないと思い、スタッフはマイクロチップを探しましたがありませんでした。
猫たちにはいつも一緒にいられるようにと大き目のベッドが用意され気に入ったようです。
親子は仲良くいつも一緒で母猫が動くと子猫たちも後に続きます。

施設で母猫はとても落ち着いていたので子猫たちからしてみればとても安心できたでしょう。
青と薄茶色の瞳の母猫は子猫たちの世話をしながらいつも優しい眼差しで子猫たちを見守っています。

数日後、猫の里親を希望する人が訪れました。
はじめは1匹だけを引き取るつもりでいたのですが、親子を見るなりこんなに美しく仲のいい親子を引き離すことは出来ないと3匹一緒に引き取られました。
新しい里親さんの元で母猫に見守られ成長の早い子猫たちはすくすくと育ち、すぐに母猫にそっくりな美猫になって家族を幸せな気持ちにさせてくれることでしょうね。