飼い主さんは真っ白な綺麗なドアに猫専用の入口を作ってあげました。ドアもついていてオシャレな感じですね。
飼い主さんは「これで可愛いこの子も自由に出入り出来るわ」と満足気です。
早速、にゃんこがドアの向こうにいるようです。
部屋の中へ入りたくて様子を窺っていますね。

猫は自分のヒゲが通ればどこでも通るといいます。
にゃんこは自分のヒゲと比べて大丈夫と思ったのでしょう。
まずは頭を突っ込みました。
それから右の前足から肩にかけて戸口へ入れてきましたが…
ん?動きが止まりました。
「にゃあ、にゃあ」鳴いています。

「入れにゃい…」
どうやら体がつかえて入ってこれない状態のようです。
やっと体半分がこちらへ抜けてきましたが、後半を入れようとブイブイともがいています。

やっとの思いで抜けてきました。
お疲れさま♡
しかし入ってきたにゃんこと出入り口の大きさを見比べると…こりゃムリだわ(汗)
もうちょっと痩せようねww

飼い主さんもドアを作る前ににゃんこのダイエットをしてあげてください(笑)