自宅から用意してきた猫用のミルクをごちそうしています。
姉妹の子猫たちはそれぞれ生後2か月半が4匹、生後2か月が2匹居ます。
姉妹は助け合って子育てをしているようで、とても仲のいい二家族です。

瓶のふたにミルクを入れてもらった子猫、まだ飲んでいます。
育ち盛りですからね。

蓋からあふれるミルクが、下にいる母猫の頭をポタポタ濡らしています。
姉妹がミルクをきれいに舐めてあげていますが・・・きれいにしてあげているつもりなのか、ミルクを舐めているのか・・・分かりませんね。

男性は望遠レンズの付いたカメラで撮影しているようですが、至近距離から撮影しても、猫は全く気にする様子はありません。

猫の鼻先がレンズとぶつかりそうな位置でも平気なようです。
おそらく男性は、長い時間をかけてここまで猫たちとの距離縮めてきたに違いありません。

お腹が満たされた猫たちは思い思いに遊びはじめました。
取っ組み合いでじゃれ合う子猫や、母猫のしっぽでタマ取りをする子猫もいます。
男性も楽しそうです。

自由にのびのびと遊ぶ猫たち。
男性を警戒したり、怯える猫はいません。
男性と猫の姉妹の間には信頼関係が結ばれているようです。

ひととおり遊んだ猫たちに男性は、用意しきた茹でた鶏肉をごちそうしました。
仲良く並んで食べる姉妹たち。

男性はこの後、姉妹の家族に引き取り手を見つけはじめ、7月の時点で2匹に新しい家を見つけたそうです。

遠くで遊んでいた子猫が、男性をめがけて一直線に駆け寄ってきます。

一見、平和にのびのびと暮らしているように見える姉妹たちですが、決してそれだけではない厳しい現実があるのでしょう。

駆け寄ってくる子猫の姿が印象的でした。