彼は我が家の庭に暮らすたくさんの猫の中で、3匹が暮らすキャットハウスの住人です。
彼は地面に腰を下ろしたとき、前脚がまるでダンスのステップを踏むような動きをします。
彼の癖なのでしょう、私の家族はみんな知っています。

毎朝、彼らの朝食の時間になると彼はこうしてドアの前にじっと私を待っています。
今朝はもう1匹が一緒ですが、彼は私が食事を与えるまでいつもじっと私を見詰めています。

別の朝もこうして彼だけ待っています。

また別の朝も、彼は待っています。

彼のお腹が満たされているとき、彼は棲家のキャットハウスの自分の部屋で寛いでいます。

お腹が満たされている彼は、私に愛嬌を振りまくことはありません。
無視もしません。
ごく普通です。

私は彼のそういう率直なところが気に入っています。
彼の距離感が猫らしくて気に入っています。

食事を待っている彼は真剣な、いや切実な目をしてちょっと愛おしいと思います。