私が夫とともに運営するKitty Adventure Rescue Sanctuaryでは、高齢であったり障害を抱えて特別なケアを必要とする猫たちに生涯過してもらうための施設です。
残り数か月となった今年は受け入れをいったんお休みしようとしていたとき、プリシラの話を聞きました。

プリシラのもと飼い主が彼女を見捨ててしまったこと以外、私たちは彼女の過去を知ることはできませんでした。
でも、心に深い傷を負ったプリシラの窮状を知って、放っておくことができませんでした。

私と夫は、プリシラのいるシェルターへすぐに連絡を取り、彼女を引き取ることにしたのです。

私たちの施設にやって来たプリシラは、すぐに新しい自分の家になじんでくれました。
プリシラは私たちが彼女のために用意したベッドを確かめると、自分がいかに満足しているかを早速私たちに伝えました。
プリシラはその外見に似合わない、とても大きな声でおしゃべりをしてきたのです。

プリシラは歯の殆どを無くしてしまっていたのですが、その代わりに舌を上手に使って食べています。
多少、食べこぼしてしまいますが、彼女はそれ以上を望んでいないようです。

飼い主の裏切りに会い深く傷ついていたプリシラでしたが、ここでたくさんの仲間たちに囲まれ何気ない日常をのびのびと暮らしています。
そんなプリシラは毎日、とても大きな声で私たちに話しかけてくるのです。

私たちは、大きな声でおしゃべりをしてくる彼女に元気をもらっているような気がしています。