警察官の腕の中に飛び込んで来た生後6ヶ月の子猫。
ニューヨークの街中での突然の出来事でした。
警察官の腕に飛び込んだかと思えばうっとりし始めた子猫の姿に一目惚れした警察官。
手放したくなく、保護施設に連れていく事ができなかった警察官は
警察署に連れて行くことにしました。

子猫を警察署で飼えるように上司のテイラー副署長に
警察署の士気を高める為に子猫が必要であると強く訴えました。
テイラー副署長は動物好きなのを知っていて彼らが自分の所に来たのだろうと言います。
テイラー副署長も子猫に恋をし署内で子猫を飼う事になりました。

子猫の必要性を熱心に訴えたマーティン巡査の名前をとって
子猫はマーティンと名付けられました。
忙しい人達に癒しを与え自然と笑顔にさせてしまうマーティンはいつしか
署には欠かせない存在となっていきました。

署員のアイドルとなったマーティンのお世話を皆んなが率先して行ってます♪
マーティンは特にテイラー副署長の部屋がお気に入り♪
毎朝テイラー副署長をドアの前でお出迎えをし、ドアを開けてもらうと椅子に座るのです。
警察官の腕に飛び込んだ事により署内の人々までも虜にしてしまった子猫。
今日も働く署内の人たちを癒す為に署内を巡回しハグを与え癒しと笑顔を与えるお仕事をするマーティンです♪