ニューヨークにあるポツダム動物愛護協会でボランティア活動をしていた
大学生のレイチェルさん。
長い間ボランティアとしてこちらの動物愛護協会でお手伝いをしてきましたが
とうとう最後の日が来てしまいます。

お世話をしてきた保護された動物達に最後のお別れの挨拶をして回っていた
レイチェルさんに1匹の猫が抱きついてきました。
その猫はまるでレイチェルさんに「行かないで…」と言っているかのように
レイチェルさんにしがみついたのです。

猫ちゃんのこの行動にレイチェルさんはしばらく動く事ができず
思わず泣き出してしまいました。
この時レイチェルさんは「この子とずっと一緒にいたい」と強く思ったそうです。
しかし、レイチェルさんは大学の寮生活。
猫ちゃんを飼う事のできる環境ではありませんでした。

悩んだ末レイチェルさんが出した決断は、
レイチェルさんの実家にこの子をあずける事にしたのです。
レイチェルさんが大学を卒業したら一緒に暮らす事ができる猫ちゃん。
猫ちゃんのレイチェルさんへの強い思いが届いたのでした。