周囲を山々に囲まれたヴァン湖。

湖で漁をする漁師さんにおこぼれをもらいに行ったとき2匹は出会ったそうです。
2匹はお互いをとても気に入った様子で、すぐに仲良しになったようです。

はじめての出会いから1年、彼らの友情は今も続いていると言います。
漁師さんたちは、2匹が一緒にいるところを何度も見かけていました。

じゃれ合う2匹に、種の違いなど全く問題ありません。
まるで兄弟のように、無邪気に遊んでいます。

食べちゃいたいくらい大好き?
噛むのは最高級の愛情表現ですものね。
キツネは猫のことが可愛くて仕方がないと言った様子です。

周囲に気を配るキツネに比べ、猫はマイペース。
キツネは本当に頼りになる相棒です。

2匹の目の前をカササギが飛び立っています。
猫はキツネに甘えるのに夢中、キツネが見ているのはカササギ?
それともカメラでしょうか・・・

厳しい自然に生きる2匹。
お互いの存在はかけがえのないものなのでしょうね。

ヴァン湖の湖面は海抜1,600m、冬の平均気温は-3.5度。
海水湖のため凍ることはないそうです。
2匹はそろそろ冬支度かもしれません。
この冬も2匹は寄り添って乗り切るのでしょうね。