女性の話によると、1歳になるルードというその猫は以前の飼い主に何度も投げ捨てられ、車で轢かれ、しっぽを焼かれていたと言います。
ルードは心に深い傷を負い、彼女の家でもシェルターでも、人間に対して攻撃的な態度を崩さなかったそうです。
『世界中のどこにも、あの猫を飼える人はいないわ。』彼女はそう言いました。

私は彼女に『ええ。でも私は家族とその猫を飼うつもりよ。』そう言うと、彼女はシェルターへ連絡してくれたのです。
私がルードを引き取りたいと話したシェルターのスタッフは、『ルードはペットにするにはあまりにも攻撃的です。
彼は、このシェルターのほかの猫やボランティアにも攻撃しているのです。
ここではもう面倒を見ることが出来ないので、1週間後に安楽死を予定しています。』
そう言って私の申し出を止めるように勧めました。

私は父にルードの話をしました。
5分後、私たちは再びシェルターに電話を入れ、彼を引き取りに行くと言いました。
キャリーケースにルードを入れて車で戻ろうとしたとき、ルードはその中で全力で排便しました。彼は恐怖と抵抗を精一杯示したのです。

自宅に戻った私たちは、すぐにルードをお風呂に入れ、家中を探検できるようにしました。
するとルードはシェルフに飛び乗り、そこは自分の場所だと言わんばかりに座りました。

ルードを迎えて3日後、頑なだったルードが変わり始めました。
私たちの匂いがついたものや、ほかの猫と慣れるまでに1週間かかりました。
3か月後、ルードは私たち家族に溶け込み、撫でてもらうために甘えるようになりました。
1年後、ほかの2匹の猫から学んだルードは、イライラしても噛むことを止め、鳴いて紛らわせたりその場を立ち去ることを覚えました。

現在、ルードは5歳と半年。
彼は雄大でチャーミングでとてもフワフワしています。
彼が大好きな寛ぎ方は、私たちの足とソファの肘置きの間に挟まって寝るというものです。

今のルードはハエを仕留めることに興味を無くしてしまいました。
ルードは1日の殆どを、ソファでいびきをかいて寝ているか、好奇心いっぱいの目で私たちを見守ることに費やしています。

ときどき、私たちが彼を迎えた経緯をルードが理解しているのでは・・・と思うときがあります。

かつてルードは『ペットにするには攻撃的過ぎる』『誰も彼を飼うことはできない』そう言われていました。
だけどそれって、インターネットにルードのことを書き込む私の膝の上で寝ている彼に対して、間違った見解だと思いませんか?