1.猫ちゃんが視線をそらす!

猫ちゃんは、目が合うと、ときどき「ふいっ」と視線をそらせてしまいます。
怒られたときなども、ふんっとばかりに目をそらせて、「ふわぁ~っ」と伸びをしちゃうことなんかもありますよね。

これって、一体どうしてなのでしょうか。
目を合わせてくれない猫ちゃん
猫がプイッと視線を逸らしてしらんぷりをすることがあると思います。
なんともナツイテくれなくて可愛げがないという印象です。

出典:www.himalayans-cat.com

猫の顔を覗き込もうとした瞬間、フッと目をそらされることがあります。「つれないなぁ」「気まぐれなんだから」と思ってしまいがちですが、これは重要な意味を持つ仕草なのです。

出典:woman.mynavi.jp

やっぱり目をそらせてしまいます

2.視線をそらすのは敵意のない顕れ

猫ちゃんが視線をそらすのは、敵意がないことの表明です。
猫ちゃんにとって、目が合っている状態というのは喧嘩を売っているような状態で、とても緊張しています。

目を合わせないことは、逆に敵意のないことの顕れであり、服従の印です。
怒られた後目をそらすということは、猫ちゃんがとても反省しているということです。
猫にとって、「視線を合わせる=相手にケンカを売る」ということ。猫の世界では、目が合っても素知らぬふりをするのがスマートなのです。

出典:woman.mynavi.jp

猫社会のオキテでは、知らない猫の目をじーと見つめるのは、ケンカのふっかけ以外のなにものでもありません。プンプン叱りながら猫の目を見たら、ケンカを売られているようにしか思えないのです。

出典:angel.ap.teacup.com

嫌いなわけじゃなかったのですね
伸びをするのも、怒られたりさきほどまで目が合っていた緊張状態を和らげるためです。
猫ちゃんが視線をそらすのは、反省の表れだったのですね!
伸びる仕種は緊張した身体を解そうという行動です。
長~く伸びた時は凝ったからだを伸ばして柔らかくほぐしています。
これは今までの緊張度が高かった証拠でもあります。

出典:x12.jp

緊張していたからリラックスするにゃん!

3.何もないところを見つめる理由

猫ちゃんは、ときどき何もないところを見つめています。
幽霊でも見えているの?と思ってしまいますよね。

これは、実は猫ちゃんは何かを見ているのではなく「聞いている」のです。
猫ちゃんはとても耳が良いので、人間に聞こえない音でもよく聞こえるのですね。
何が見えてるのかにゃ?
実際には猫が何もない場所を見つめるのは、何かを見ているわけではなく・・・

何かを聞いているのです。

出典:x12.jp

人は高音(超音波)を聞き取る能力が約20ヘルツなのに対して猫は約80ヘルツと4倍もの能力を持っています。

猫が何もない場所で何かを聞いていても人には聞こえないので、何かを見つめているようにしか見えないのです。

出典:x12.jp

猫ちゃんはとっても耳が良いのですね!
今回は、猫ちゃんの視線について特集しました。
猫ちゃんが目をそらせても、飼い主さまの言うことを聞いていないわけではないので、勘違いしないであげてくださいね。