缶詰の残りを食べようとしたのでしょう。
道に頭を缶に突っ込んだまま動かない野良の子猫がいました!
見つけた女性はすぐに缶から子猫の頭を抜こうと引っ張ってみますが
すっぽりハマってしまった頭が抜けません。

困った女性は子猫を自転車のカゴに乗せ、一度自宅に向かう事にしました!
しかし、嫌がる子猫は頭に缶がハマった状態のまま
自転車のカゴから逃げ出してしまったのです。

このまま缶に頭がハマったままでは子猫は死んでしまいます。
女性は再び子猫を捕まえました。
手助けしてもらえる人を呼び、缶を引っ張ってみますが
やっぱりあと少しが抜けません。
苦しそうにする子猫ですが、どうにか缶を引っ張っていると…

スポン!!!

子猫の頭から缶が抜けました!!
缶詰の中身で顔がベタベタな子猫。

女性は子猫を自宅に連れ帰りお顔を綺麗にしてあげました。
無事に缶が抜けてすっかり元気になった子猫。
一時はどうなるかと思いましたが本当に良かったです!
食べ物のゴミをポイ捨てする事は外で暮らす動物達を危険にさらす可能性があります。
絶対にポイ捨てはやめてほしいものです。