猫のしぐさから猫の気持ちを読み取ってみましょう

猫のしぐさで飼い猫と会話できるかも・・・♪
さっきまで甘えていたかと思えば、プイっとどこかへ行ってしまったり、さっきまで気持ちよく撫でられていたのに、急に怒ったり、気まぐれな猫と暮らしていて、この子は何を考えているんだろう?と思ったことのある飼い主さんも多いと思います。

甘えたい時、何かをしてほしい時には必ず猫ちゃんはサインを出します。
そのサインさえ読み取れれば猫ちゃんと通じ合えてるって思ってもいいのではないでしょうか。


猫がスリスリ体をおしつけてくる

あなたのことが大好き!もっともっと甘えたい!

もともと撫でられると気持ちのいい部分(額・耳の後ろ・喉、腰、お尻、シッポなど)を擦りつけて、猫が気持ちよくなりたいときの、ご機嫌なしぐさのひとつです。
このすりすりが 猫好きにとっては
たまらない瞬間なんです♪

外から帰ってきた時にスリスリするのは別

猫は自分と同じにおいがするものを好みます。
自分の縄張りには、当然自分のにおいがついていますが、外から帰ってきた飼い主には知らないにおいがついています。

そこで自分の気分を落ち着かせようと飼い主に体をこすりつけ、自分のにおいをつけようとしています。
知らにゃいにおいがするにゃ!

喉をゴロゴロ鳴らす

甘えている時、眠い時、気持ちがいい時、安心している時など、猫は喉をゴロゴロ鳴らします。

実際には喉からゴロゴロと音が出ているのではありません。
どこからどうやってこの音を出しているかは、まだはっきりと解明されていないそうです。
そこ!そこ!
気持ちいいにゃりぃ~♪

飼い主に近づいてニャアニャア鳴く

「ねぇ~遊ぼうよ!」「甘えさせて♪」とおねだりしています。

猫ちゃんから誘われたのだから 面倒くさがらずに一緒に遊んであげましょう。
あのね・・ 
抱っこしてほしいの♪

じゃれている途中でおおあくび

じゃれているときに限らず、飼い主が遊び相手になっているときに限って、
大きなあくびをすることがありませんか。
「遊ぶ気あるのかな?」なんて思ってしまいますよね。

大きなあくびをするのは、本気モードに入ったことを意味します。
なにかに夢中になっていると脳や体も活動が活発になり、多くの酸素を必要とします。

そこで、大きなあくびをして酸素を脳に送り込み、戦闘態勢に向けて準備を整えようとしているんです。

さぁ遊ぶぞ!って本気サインです♪
ええ・・
もう 飽きちゃったのぉ~?

猫をなでていたら急に怒り出した

猫をなでていると気持ち良さそうな顔をしてゴロゴロいってくれますが、急に怒り出すことがありませんか。

気まぐれな猫は少しでも気に入らないと怒るんですよね。

はじめは気持ちのいいマッサージでも、慣れると「1人にさせてほしい。もういい!」と思うようになって怒ります。なんて気まぐれ屋さんなんでしょう。

でもこのツンデレがたまらなく愛おしいのが飼い主なんです。
可愛いにゃぁ~♪ 可愛いにゃぁ~♪

えええ・・
どーして怒るかにゃぁ~((+_+))

ごろんとお腹を見せる

これは猫が気を許している状態で、飼い主が猫から信頼されている証拠です。
飼い主さんのこと、だーい好き♪ってサインです。

飼い主の近くでお腹をごろーんと見せた時は
「自分に注意を向けてほしい♪」というサインでもあるので、構ってあげてくださいね。
ママァ~♪
こっち見て!見て!

目が合うと短い声でニャ!鳴く

「にゃ」と短く鳴くのは、「ハイ」とか「やあ」という感じです。

飼い主さんを仲間と思って安心しているサイン。
ニャ!って鳴いて返してあげましょう♪


はろー ママ(^O^)/

尻尾をピーンと立てている

うれしいときや甘えてるときには尻尾をピーンと立てています。
今日もみんにゃがいて
楽しいにゃ~♪

フミフミ チュパチュパ

お気にいりの毛布やタオル、または人間の腰や顔に対して念入りにフミフミしている猫の姿を見かけることがあります。

これは子猫時代に母猫のおっぱいを吸う時にたくさんミルクがでるようにマッサージしていた名残だそうです。
実際にフミフミしながら チューチュー毛布を吸う猫もいます。
まだまだ赤ちゃん♪

鼻にチューしてくれる

飼い猫がこちらにやってきて 鼻にチュッ!って経験ありませんか?

こんなことされちゃったら もうメロメロですよね~♪

猫が別の猫と出会ったとき、突然鼻先にキスをすることがあります。
これは猫同士の挨拶なんです。

猫が人間の鼻にチューするのも同じような意味が含まれていると考えられます。
猫にとっては鼻キスがコミュニケーションの一つになっているためであり、
鼻にチューをしてくれるのは、親愛の情を示してくれている証拠だと言えそうですね。
鼻チューは信頼の証♪

えさ入れに向かって砂掛け行動をする

ご飯を食べてからしばらくすると、器に入っている餌に向かって砂をかけるようなしぐさをするのを見たことありませんか?

これは いろいろな理由があるようです。
昔、猫が野生だった頃、食べ残したご飯を砂の中に隠す習慣がありました。
その名残として残っているとか。

あとは、もういらない!食べたくない!片づけて!というサインのようです。


もういらないにゃ~

外を見ながら 変な声を出す

これは外の鳥を見て捕らえたいという本能から鳴らしているそうです。

鳥を見ながら頭の中で狩りのイメージトレーニングをしているのです。
そうするとあんな声が出てしまうのですねー!
あの鳥さんを 捕まえるわよ!

ケケケ・・・

うしろをついて歩いてくる

部屋から出ようとした時に飼い猫がついてくることはありませんか?

まるでピカチューが後ろからついてくるような・・・(笑)

猫が飼い主の後を追ってくる行動は、
「まだ一緒にいたい、遊びたい!」という気持ちのサインです。
どこ行くの~?
一人にしないで・・・♪

さいごに・・・

猫にも人間と同じように性格や個体差があります。
常にそっけない態度をとる猫ちゃんもいれば、常にスリスリと甘えてくる猫もいます。
生まれながらに持っている性格はもちろんのこと、飼われ始めた年齢や環境などによって飼い主に対する接し方が異なってきます。

猫ちゃんのさまざまな行動やしぐさから気持ちを読み取り、もっともっと仲良しになりましょう。