駅前でよく見る犬猫のための募金活動

震災後からでしょうか。よく「震災で行き場を失ったワンちゃん、ネコちゃんたちのために募金をお願いします」と訴えている若者団体をよく見ます。通常の団体と比べて声は張って、真夏とか大変だなと思いながら見ています。結構気になっている方も多いと思うのでその辺を調べてみました。
Bzhyu8bt_normal

思考の迷子になってみる@ETtamae0550

駅前のデパートの前で毎日募金活動をする男がいる。大きなボードに犬と猫の写真を沢山貼り付けて。彼が叫ぶことには「福島の原発被害で置き去りにされたワンちゃんネコちゃん133匹を保護しています。非常に可哀想です。募金をお願いします」一体どこに保護してるの?募金ってどこへ?興味津々だわ。

2015-10-07 21時02分

Bzhyu8bt_normal

épuisé@l_epuise

しかし被災地のワンちゃんネコちゃん募金活動で叫んでる人たちはワンちゃんネコちゃん以外の活動何してるんだろう

2015-09-26 08時23分

Bzhyu8bt_normal

副島しんご@soeFreesize

保健所の人?が募金箱持って震災で家に帰れなくなった動物の為の募金活動やってるんだけど、 犬と猫のことをワンちゃんネコちゃんって言ってるんだけど、 なんで犬はワンちゃんで猫はニャンちゃんじゃなくて猫ちゃんなんだろう。 暑い中頑張ってらっしゃる。

2015-07-14 11時21分

上記のような活動をしています。

募金活動を取り仕切っているのが「NPO法人青年協議会」という団体

東日本大震災復興支援活動としての「街頭募金活動」と「被災地の犬猫避難所運営」、 また街の清掃活動やスタッフ向けの教育プログラムを通しての「人材育成活動」を軸に、 『東日本大震災の復興支援』『未来を担う若者の人材育成』『環境問題への取り組み』を 実行しているNPO 団体です。

出典:seinen-kyougikai.jp

えっ!あの募金活動ってボランティアがやっているんじゃないの?

募金活動ってボランティアの方がやっていると思うじゃないですか。しかし、実はそうじゃないんですね。マイナビバイトで人の募集をかけています。時給はなんと1000円。そこそこいいバイトじゃないですか。

以下がマイナビでのスタッフ募集サイトです。

会計にもしっかりと人件費が掲載されています。

NPO法人青年協議会のホームページにはしっかりと収支報告書が掲載されています。その中でもしっかりと「人件費」が事業費、管理費の中に記載されています。

以下が収支報告書のページです。

募金のすべてがワンちゃん、ネコちゃんに使われたというわけではない。

人件費やその他もろもろの費用がかさみ、約6500万円ほどの収入(大半が寄付)があったのにも関わらず、実際にワンちゃん、ネコちゃんに使われたのは1500万円ほどでした。

これに関しては賛否両論あると思います。「みんな無償で働いてすべての寄付を、動物に使うべきだ」という方もいると思いますが、「こういったところで頑張っている方にも報酬は与えるべきだ」という考えもできます。

しかし、募金活動をする段階でこの事実を公表する必要はあるのではないかと思います。人件費に一部使われることを知らせたうえで募金活動をすべきです。

実際に支援は行っているみたい

ツイッター上では様々な意見がありました。

Bzhyu8bt_normal

taba@taba001

募金活動も、その時間でバイトして被災地のワンちゃんに送れよって思うけど、広報活動だと思えば納得。

2015-09-12 00時38分

Bzhyu8bt_normal

しんたに@LEmoNtea8818

もし、本当に募金活動してる人だったらいい迷惑だよね。ワンちゃん猫ちゃん殺す様なもんだよね。“@araiyurika0629_: この人詐欺らしい。 気をつけてね。お金を自分のものにしてるらしい http://t.co/bLSP0q5Pb7

2015-09-06 00時05分

Bzhyu8bt_normal

bunzo@BunzoKotake

日本青年協議会。駅前で、「福島原発事故で行き場のないネコちゃん、ワンちゃん~」って募金活動してるけど、HP活動紹介には「非難所」情報も、どれくらいのネコや犬がいるかも、里親募集すら出してない。「自主憲法制定!」とかばっかり。 http://t.co/RcxZb5Kc1w

2015-08-05 16時04分