施設が引き取った猫たちの中に、9歳になるウィーンがいました。施設に到着したころのウィーンは、ノミが寄生し貧血状態でした。その影響で呼吸にも問題があり、食欲を無くしとても痩せてしまっていました。

治療を受け始めたウィーンでしたが、彼女は施設での生活になかなか緊張を解くことができずにいました。彼女は最初、とてもシャイでしたがスタッフに信頼を置くようになると、とても甘えん坊だということが分かってきました。ウィーンは、自分に愛情を注いでくれる存在を誰よりも望んでいるようでした。

長い間飼われていた猫たちが、突然、飼い主さんを失うことほど傷つくことはありません。ウィーンだけでなく、一緒に飼われていた猫たち全てに言えることです。私たちは、一刻も早く彼等のために新しい家族を見つける必要があると考えていました。

ウィーンを始め猫たちの治療をすすめながら、スタッフは猫たちの情報をSNSを通じて共有しました。ウィーンの情報は。その哀しそうな目がとても印象的な写真が使われていました。

誰よりも誰かに愛されることを望んでいたウィーンのそばには、親友のエルビスが常に寄り添っていました。エルビスはとても人懐っこい性格で、スタッフたちに積極的にアプローチしていました。そんなエルビスは、まるで磁石のようにウィーンに寄り添い、そうすることで壊れてしまいそうなウィーンを支えようとしていました。

ウィーンは、スタッフたちがケージの前を通るとフワフワの尻尾を振り、深いグリーンの魅力的な目で『こんにちわ、私を撫でて行きませんか・・・』彼女らしいアプローチをかけてきました。スタッフに撫でてもらったウィーンは、とても幸せそうな表情を浮かべました。
ウィーンには、右目の上に嚢胞があり、いずれは取り除かなくてはなりません。ほかの猫たちに比べ、今後も治療や手術が必要なため、それを理解し受け入れてくれる飼い主さんを見つける必要がありました。
ある日、ウィーンに会いたいという人が施設を訪れました。そしてその人はウィーンとエルビスを引き取ることにし、2匹はその日のうちに新しい家族のもとへ旅立っていきました。ついにウィーンは、望み通の未来を手に入れたのでした。
きっとウィーンは飼い主さんとエルビスに温かく見守られて、元気を取り戻すでしょう。エルビスは、これからもそんなウィーンを支え続けることでしょう。