スティーブと私たちは、ニュージーランドのンガマタポウリに住んでいます。私とパートナーのベンはここで羊を飼って暮らしています。スティーブは子猫のときに私たちが引き取った猫です。彼は唯一の飼い猫で、私たちはずっと家の中で育てていました。

スティーブが生後8か月の時でした。子羊を寒さから守るために3日ほど屋内に入れたことがありました。スティーブが子羊たちに慣れ、仲良くなり始めた頃に再び外に戻したのですが・・・。私たちはスティーブが彼らを追って外に出たことに気が付きました。

スティーブは、外で大勢の羊たちの中にいました。羊たちはスティーブを受け入れ、彼らはそこでお互いに楽しい時間を過ごしていました。その時、スティーブは自分の天職を見つけたのです。

それ以来、スティーブは羊たちと一緒の時間を過ごすようになりました。羊たちはスティーブの行動にとても興味を持ち、彼の次の行動に注目しました。子羊たちはスティーブのあとを付いて回るようになり、次第にスティーブはリーダーとして彼らに認められるようになりました。

家の中で過ごしていた頃のスティーブは、いつも少し寂しそうでした。それが今ではたくさんの羊たちに囲まれて生き生きとしています。スティーブは一日の殆どを羊たちと過ごしています。

子羊たちの食事の時間、スティーブは少し離れた所で彼らがお腹いっぱいになるまでじっと待っています。子羊たちを待ってでも、スティーブは彼らから離れたくないようです。

私がキッチンにいたとき、ふと外を見ると、羊たちが座っている真ん中にスティーブが当たり前のように座っていました。私は思わずカメラをつかんで数枚の写真を撮りました。
楽しそうなスティーブに私たちも喜んでいるのですが、彼が自分は猫だということを覚えているのか、ちょっと気になります・・・(笑)