2歳になるシグナスは子猫のときに我が家にやってきました。私と妻に愛情を注がれ、順調に成長したシグナスは、その豊かな長い尻尾で注目を浴びるのに時間はかかりませんでした。シグナスが1歳を迎えた頃、私はシグナスの立派な尻尾が、当時の世界最長記録だった41.6cmの記録を越えるのではないかと思いはじめていました。

ギネスワールドレコードは、新しい才能を発掘するためにSNSを閲覧していたようです。昨年の夏、私がFacebookに投稿したシグナスの写真が彼らの目に留まり、公式測定に応じるよう私たちに求めてきました。

彼らに測定されたシグナスの尻尾の長さは44.66cm!
シグナスは世界一長い尻尾を持つ猫として正式にギネスに認定されたのです。

ところがここに、私も想像していなかったことが待っていました。私たちはシグナスの他にもう2匹の猫と一緒に暮らしています。そのうちの1匹、サバンナキャットのアークトゥルスを見た認定委員が、彼の高さに興味を持ちました。獣医師によって測定された高さは48.4cm。アークトゥルスはなんと世界最高、最も高い猫と認定されたのです。

若い2匹の猫はまだ成長の過程にあり、彼らの記録は1年以上たった今も彼ら自身によって更新されています。現在、シグナスの尻尾は48.12cmに達し、アークトゥルスの高さは50.8cmです。

認定委員によってはるかに予想を超えるサプライズを経験した私たちでしたが、当の本人、シグナスとアークトゥルスにとって、世界記録などあまり関心のあることではありません。日常に戻った彼らはそれまでと変わらず、のびのびと暮らしています。

我が家にはもう1匹、ベンガルキャットのシリウスがいます。シリウスはかつて私たちが保護した猫です。我が家の3匹はとても仲がよく、まるで本当の兄弟のように1日の殆どを一緒に過しています。

私は開業医としての仕事の他に、地元で動物保護施設を運営しています。シリウスはその施設で保護した猫でした。私は他の場所も含め過去10年近くの間、猫の保護活動に携わり、自宅でも保護猫と一緒に暮らしてきました。シグナスとアークトゥルスの輝かしい記録は、施設のイベントでたくさんの人とふれ合う機会につながりました。シグナスとアークトゥルスは、保護を必要としている猫たちのために貢献してくれています。