ハロウィーンに向けてキーボードのレッスンに励む2匹のニャンコがいます。
手前の大きい子がクーパーで男の子、奥の子がマリーで女の子です。
2匹はハロウィーンでキーボードのデュエットコンサートをするために練習をしています。
すごく真剣な眼差しで先生(飼い主さん)の話を聞いています。
果たしてうまくいくのでしょうか。

おっ!息がピッタリ合っていますね。シンクロですかww
猫は聴覚の動物と言われるくらいに耳が発達しています。視力は悪い分、音を頼りに獲物を捕らえるといった狩りのスタイルから聴覚が発達したとされています。
猫の聴覚は人間の8倍ともいわれていますからかなり大きいキーボードの音は辛いかもしれませんね。
でも2匹ともそんな素振りも見せずに弾いています。

今度は双方ポジションを変えました。
どちらが向いているか決めるのでしょうか。

「ダメだにゃ…」
クーパーはブランクに陥ったのでしょうか。

「やっぱり私たちには無理にゃ…」
おやおや、クーパーだけでなくマリーもへこんでいます。

「大丈夫だよ」
飼い主さんは励ましのおやつをあげています。
クーパー、マリー頑張って♡

「よーし!やるにゃ!!」
飼い主さんからも励まされてクーパーとマリーは元気がでたようです。
あと少しで出来上がりかなww
それにしても不思議なメロディーですね。
ハロウィーンにピッタリです♪