アメリカのサウスカロライナ州の動物管理官であるミッシェル・スミスさんの元へ「崖の下で動けなくなっている犬の鳴き声がする」との電話が入りました。
ミッシェルさんが駆け付け、声のする方へ入っていきました。
すると茂みの中で思いもかけない光景を目にしました。
犬は動けなかったのではなく1匹の生後5週くらいの子猫を守っているために動かなったのです。

犬はお腹を空かした子猫に自分のミルクを与えていたのです。
捨てられた犬は母猫か飼い主に捨てられた子猫に出会い見過ごせなかったのでしょう。
母乳が出ているところをみるとこの犬も出産してから日が浅いのかもしれませんね。

無事に保護されて施設へ来てからも犬は子猫の本当の母親のように世話をしています。
子猫も犬のことを母猫に対するように慕っています。
自分の産んだ子犬がいなくなった母犬と母猫がいない子猫が運命的に出会ったのですね。

2匹は片時も離れようとしません。
犬も子猫のことが可愛くて仕方がない感じですね。

この奇跡的な親子の里親探しが始まるとあちこちからの問い合わせや申し込みが殺到したようです。
誰もがこの親子に幸せになってほしいと願ったからでしょう。

無事、2匹を一緒に引き取ってくれた新しい飼い主さんの元で現在も幸せに暮らしています。
今ではママシーズーと同じくらいの大きさになっているにも関わらず子猫はとっても甘えんぼさんのようですよ。